相続のトラブル事例6

本当によくありがちな相続におけるトラブル事例をご紹介します。

「相続税を申告しないで放っておいた事例」

1.事例

 A氏は、兄弟で母親の遺産を相続しました。遺産は自宅と土地、預金、株式で、自分でこれだけだと判断し、
 相続税の解説書などをもとに、相続税の計算をしてみました。
 
 すると「小規模宅地等の特例」という制度を使えば、相続税は払わなくて済むということがわかり、自分で
 判断し、税務署には何も申告しませんでした。

 その後、申告期限から半年あたり過ぎたころ、税務署より「申告してください」との連絡があったのです。

 そこで、A氏は初めて税理士に相談したところ「小規模宅地等の特例」を受けるためには、原則10カ月以
 内の申告が必要」と言われ、さらに遺産になると思っていなかった生命保険金についても「みなし相続財産
 になるので支払いが必要」と言われてしまいました。

2.結論

 相続税については、知らなかったでは済まされません。もし、相続税の対象となる資産の課税価額が、基礎
 控除内に収まれば申告の必要はないということになりますが、申告をして初めて適用をうけることができる
 「小規模宅地等の特例」や、みなし相続財産を申告しなければ、申告もれとされます。

 みなし相続財産とは、本来は相続財産ではないが、被相続人の死亡を原因として、相続人のもとに入ってき
 た財産を相続財産として扱うことです。生命保険金、死亡退職金などが、みなし相続財産にあたります。

3.対策として

 相続税の計算はかなり難解なものとなります。生命保険金は、原則受取人のものですが、相続税の計算上は
 みなし相続財産として取り扱われますし、また、小規模宅地等の特例は申告が必要です。生命保険金などの
 動きは、税務署に把握されていると考えるべきです。やはり、素人判断ではなく、専門家に依頼すべきです。


相続税対策新着

相続税対策 事業承継について
相続には個人的相続と事業承継があります。 それぞれ別のように見えますが、事業者の場合、後継者の設定と承継をしなければなりませんし、同時に個人的(将来の被相続人)なる資産と事業が
相続税と遺産
相続税対策 自社株譲渡の活用
相続対策における、株式譲渡という課題があります。 株式には、身内で細々やっている事業経営もあれば、投資目的で上場株式を取得している場合もあります。 会社法人が、投資株式という資
法定相続人
その他 生前贈与と生命保険
相続と生前贈与の関係は、相続対策として有効ですが、生命保険と組み合わせることも可能です。 相続財産の総額に控除額を差し引き相続税が課せられるという計算式ですから、生前贈与は年間

士業新着

東京都 山口公認会計士税理士事務所
コミュニケーション良く業務を進めて参ります。
神奈川県 松山真美税理士事務所
当事務所では「ご相談ルーム」を設け、相続税・贈与税に関するご相談を60分2回まで無料でお受けしております。どんな小さなことでも、安心してじっくりご相談下さい。
京都府 徳山智子税理士事務所
平成6年京都伏見の地に開業し、お客様とともに成長してまいりました。 会社設立から事業成長段階に応じて、また相続・事業承継など、それぞれの状況に最善なサポートをさせていただきます
東京都 税理士塩田誠朗事務所
吉祥寺駅徒歩4分の場所にある税理士事務所です。 中小企業から東証1部上場会社まで、幅広い規模・業種の税務顧問をさせて頂いた経験をもとに、会計支援や税務支援を行っています。 初回